オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

5月報告☆彡

こんにちは。

5月時点での社内の社業状況です😊

 

【作業船】

・ケミカルタンカー・・・山場💪

・LPG・・・終盤です✌

・まき網船・・・ラストスパート!🌞

・旅客船・・・完了しました🥰

・PCC・・・頑張ってます🙂

・バージ・・・終盤です🌟

・ガット(A)・・・がんばってます😂

・ガット(B)・・・ゴールが見えてきました👍

・バルク・・・作業完了しました🥰

・消防艇・・・一生懸命作業中‼

 

 

以上、5月の報告でした!!

 

もうすでに暑いのでしっかり水分補給しましょう😊🎵

 



当社ではZoom / Teamsも活用し、
時代の流れに合わせた人とのつながり、共有、変化には柔軟に取り組んでます。
設計相談、フォロー、面接等、お気軽にご相談ください。

お問い合わせURLへのリンク
https://www.kss-design.com/contact

 

今治タオルフェアに参戦!!

こんにちは!!

5月11日(土)、5月12日(日)の二日間行われた、今治タオルフェアに参戦してきました!😆

5月11日(土)に参戦してきたのですが、天気も良く多くの来場者の方々がいたので、お店にまでたどり着くのも一苦労でした😂

今治にある約40社のタオル企業が出店していて、様々なタオルが売っていたので、どれを買おうかすごく迷いました🤣

来ていたお客さんの中には県外の方も多かったみたいで、私がみた車のナンバーの中には、長崎や大宮など遠方から来場されていた方もいたみたいですよ!!

今治タオルフェアでは、普段お店で買う今治タオルよりも、お安く今治タオルを購入できるチャンスですよ!

コンサートなどでよく見かける、アーティストのマフラータオルや、アニメのコラボ商品などもあるので、もしかしたら好きなアーティストやアニメのタオルがゲットできるかも!!

次のタオルフェアは、10月19日(土)・10月20日(日)の2日間開催されますので

今回参加できなかった方や、興味がある方は是非参加してみてください🥳

 


 


当社ではZoom / Teamsも活用し、
時代の流れに合わせた人とのつながり、共有、変化には柔軟に取り組んでます。
設計相談、フォロー、面接等、お気軽にご相談ください。

お問い合わせURLへのリンク
https://www.kss-design.com/contact

 

 

2024.4.24~4.26 造船所あいさつ回り

あいさつ回りといえば私、食いしん坊やです。

今回は春のあいさつ回りということで、課長のファイヤー高橋と一緒に

広島・岡山・愛媛の造船所に4/24~4/26の2泊3日で行ってきました✨

 

4月24日(水)

警固屋船渠株式会社

株式会社アイ・イー・エム

 

4月25日(木)

株式会社新来島サノヤス造船

ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社

常石造船株式会社

常石エンジニアリング株式会社

尾道造船株式会社

 

4月26日(金)

株式会社三和ドック

山中造船株式会社

浅川造船株式会社

檜垣造船株式会社

矢野造船株式会社

株式会社新来島どっく

 

ご挨拶させていただいたみなさま、

お忙しい中お時間をいただきありがとうございました。

貴重なお話もたくさん聞くことができ、大変有意義な時間になりました。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

【おまけ】

食いしん坊やの出張の楽しみである食事✨

今回もおいしいものを食べてきました🥰

会社に戻っても、バリバリお仕事頑張ります!

 

 


 


当社ではZoom / Teamsも活用し、
時代の流れに合わせた人とのつながり、共有、変化には柔軟に取り組んでます。
設計相談、フォロー、面接等、お気軽にご相談ください。

お問い合わせURLへのリンク
https://www.kss-design.com/contact

アリの自己紹介!

大学を卒業し、入社しましたアリと申します!
今後ともよろしくお願いいたします(*- -)(*_ _)ペコリ

今回の記事は、私の自己紹介記事を書かせていただきます(`・ω・´)ゞ

大学では社会学と心理学を学んでいました。
そして、就職活動を経て4月に入社しました。
CADを使うことは初めてなのでこれから一生懸命、覚えていきたいと思います!

さて、今月は新しい環境で過ごす方も多いと思います。
体調管理に気を付けながら新しい環境に慣れていきましょう。


 

有限会社小林船舶設計

 


当社ではZoom / Teamsも活用し、
時代の流れに合わせた人とのつながり、共有、変化には柔軟に取り組んでます。
設計相談、フォロー、面接等、お気軽にご相談ください。

お問い合わせURLへのリンク
https://www.kss-design.com/contact

船舶専門集合サイト フネコネ
https://funecone.com/

やっと咲いた!

ご無沙汰してます!ゆーゆです🌸

こちら愛媛でも本日、桜の開花が宣言されました。

青空を待ちわびていたかのような桜の開花宣言🌸

春に向けて一直線!ウキウキそわそわな時期到来です✌

平年より3日遅い開花だそうで

いつも思うんですが、平年って何?って毎年思ってます←

 

弊社のある今治市はまだまだ寒の戻りがあったりと

春めいた感じはしませんが、来週から新年度!みんなバタバタしてます💦

そんなこんなで世の学生さんは春休みに入ってるわけで

弊社も子育て真っ盛り世帯は多いのです。

子供を学童など預けられない時などは

お父さんお母さんが仕事をしている中で

キッズたちが勉強頑張ってます。

ちゃんとやってます!

これ大事!

4月からはフレッシュな新入社員も登場します!乞うご期待♡

遂に完結!これで私もモデリングマスター ~きんちゃんの修行~

こんにちは。3Dモデリング修行中のきんちゃんです。

みなさんに報告です!

任されていた艙内二重底区画の3Dモデリングが完成しました~👏

今回のブログでは私が行った3Dモデリングの感想をまとめています。

設計初心者のきんちゃんが全力で取り組んだ図面です。

 

ぜひご覧ください。

 

3Dモデリング・3D図面のメリットについてはこちらから

私が陥った3Dモデリングの落とし穴についてはこちらからご覧ください。

見え方の変化

3Dモデリング作業を通じて、2次元図面を読み取るスキルが向上したように感じます。

設計経験のない私は2次元図面を脳内でイメージすることが困難でした。

しかし、3Dモデリングされた図面は視点を変更することも可能なので

作業の後半では配管とサポートの位置、船の構造物についてもイメージすることが出来るようになり、

図面に記載された一品図を装置図上に配置する時間が短縮されました。

これにより問題解決能力も向上し、先輩方に質問する回数が減ってたと思っています・・・

 

 

座標軸について

CAD上の世界ではX,Y,Zの世界が存在します。

弊社ではX軸(前後)、Y軸(左右)、Z軸(上下)と取り決めをし作業をしています。

慣れるまでは戸惑いましたが、最後の方は操作がスムーズになりました。

座標軸の理解は正確なモデリングに欠かせません。

 

 

配置作業のポイント

装置図を参照しながら、配管とサポートを配置する際には、

高さや角度を調整する必要があります。

誤った配置は仕上げの作業で問題を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

LOOKING FORE(前方)とAFT(後方)で見え方が異なることもあるため、

視点を確認しながら配置します。

3Dモデリングの注意事項はこちらの記事でもまとめています。

 

 

チェックの重要性

モデリングした図面を配置していくにあたって

どこまで作業したのかわかるように目印などつけておけばよかったと後悔しています。

設計はデザイン能力も大切ですが、

基本的なお仕事でも必要な能力、整理整頓も大切だと痛感させられました。

完成した図面を綺麗に魅せるためにも工夫することはたくさんありますが

徐々に覚え、実践していきたいと思います。

 

 

まとめ

↑完成図を船の前方からの視点です。

配管だけの絵ですが船の形になっており、やりきった達成感を味わっています😍

今回は艙内二重底区画でしたが船首や船尾、居住区や暴露など

様々な区画に挑戦したいと思います。

3Dモデリングをし、誰でも見れる、分かる図面を作成していきます✨

 

~きんちゃんの修行~シリーズ

~完結~

 

 


有限会社小林船舶設計

 


当社ではZoom / Teamsも活用し、
時代の流れに合わせた人とのつながり、共有、変化には柔軟に取り組んでます。
設計相談、フォロー、面接等、お気軽にご相談ください。

お問い合わせURLへのリンク
https://www.kss-design.com/contact

船舶専門集合サイト フネコネ
https://funecone.com/

修了式|求人セット型訓練

こんにちは。てってれ~です😉

2月29日

求人セット型訓練、CAD配管設計コース第1期生の修了式が行われました。

 

324時間の訓練期間を終え、無事この日を迎えることができました。

弊社としても初の試みという事もあり、至らぬ点もあったかと思いますが、

CAD配管設計コースで得た知識、技能を今後に生かしていただけたら幸いです。

 

修了式には校長先生をはじめ諸先生方にもご参加いただきました。

お忙しい中、このような素晴らしい式を挙行していただき、ありがとうございます。

 

令和6年度も引き続き求人セット型訓練を行っていきます。

ご興味ある方はハローワークにお問い合わせいただくか、

弊社までお気軽にお声かけ下さい。

 


 


当社ではZoom / Teamsも活用し、
時代の流れに合わせた人とのつながり、共有、変化には柔軟に取り組んでます。
設計相談、フォロー、面接等、お気軽にご相談ください。

お問い合わせURLへのリンク
https://www.kss-design.com/contact

船舶専門集合サイト フネコネ
https://funecone.com/

2月報告☆彡

こんにちは。

2月時点での社内の社業状況です😊

 

【作業船】

・ケミカルタンカー(A)・・・山場💪

・ケミカルタンカー(B)・・・順調です🥰

・LPG・・・がんばってます😂

・まき網船・・・ぼちぼち🌞

・旅客船・・・順調です🥰

・PCC・・・もうちょっとでスタート🙂

・バージ・・・がんばってます😂

・ガット(A)・・・がんばってます😂

・ガット(B)・・・もうすぐ完了👍

・バルク・・・順調です🥰

・消防艇・・・一生懸命作業中‼

 

以上、2月の報告でした!!

 

そろそろ暖かくなりそうなので、張り切っていきましょう!!!

 



当社ではZoom / Teamsも活用し、
時代の流れに合わせた人とのつながり、共有、変化には柔軟に取り組んでます。
設計相談、フォロー、面接等、お気軽にご相談ください。

お問い合わせURLへのリンク
https://www.kss-design.com/contact

 

船の配管設計のお勉強!|求人セット型訓練

こんにちは。

1月もあっという間に終わり2月突入!

2024年、バタバタしているてってれ~です😉

12月から始まった愛媛県で初めての取り組み「求人セット型訓練」も残すところ1か月となりました。

毎日9時から16時まで訓練に取り組んでもらっています👍

 

Excel・CADの基本操作の基礎、3Dモデリングも学んでもらいます。

 

 

 

作成してもらった配管図です。

配管を支え、振動を抑えるサポート図も作成してもらいました。

 

2月は希望就職先である現場での実習を行います。

12月と1月では設計で求められる『正確性』を学んでもらいました。

2月の現場実習では納期を守るための『スピード』を身に着け、

実習先の雰囲気も感じていただけたらと思います。

 

令和6年度も引き続き求人セット型訓練を行っていきますので

ご興味ある方はお気軽にお声かけ下さい。

 


 


当社ではZoom / Teamsも活用し、
時代の流れに合わせた人とのつながり、共有、変化には柔軟に取り組んでます。
設計相談、フォロー、面接等、お気軽にご相談ください。

お問い合わせURLへのリンク
https://www.kss-design.com/contact

船舶専門集合サイト フネコネ
https://funecone.com/

5分でわかる 3Dモデリングの落とし穴 ~きんちゃんの修行~

こんにちは。3Dモデリング修行中のきんちゃんです。

3Dモデリングではちょっとした作業工程をミスしてしまうとかなりの時間ロスをしてしまうことを知りました・・・

私と同じ苦労をしてほしくないので今回のブログでは、船舶の配管図の3Dモデリングを行った過程を報告したいと思います。

これから3Dモデリングに挑戦する方や、挑戦していて苦戦している方々に見ていただければと思います。

それではご覧ください。

 

 

3Dモデリングのメリットについては前回の記事をご覧ください。

 

 

 

管一品図の3Dモデリング

まず私が最初に「管一品図」と呼ばれる図面の3Dモデリングを行いました。

船には数多くの配管が取り付けられていますが、その配管を加工するための図面を管一品図と呼びます。

↑2次元で描かれた図面を3Dモデリングすると

↓リアルな配管になります。

 

 

設計していく区画によってはこの管一品図が1000本を超えることもあります。

決められた社内ルールに沿って作業することで絵が形になっていくので、さくさく進めることができました。

 

 

装置図へ3Dデータの配置

管一品図の3Dモデリングの次の工程が「装置図」と呼ばれる配管のルートを記した図面に、モデリングしたデータを配置していきます。

私は2次元の図面がまだまだ理解できていません・・・

特に配管に角度がつき、斜めに上下している所は特に頭をフル回転させ乗り切りましたが、この配置していく作業には落とし穴がありました・・・

 

 

”基準”と”根拠” 3Dモデリングの落とし穴

 

この配置の工程で特に気を付けなければならないことが”基準”と”根拠”です。

配置の段階でずれない基準を決め、その基準をもとに最終工程の組み立てを行うのですが、

私は一品図から装置図にデータを配置していくときに、この基準点がズレ、

配置した図面の組み立てを行うと配管の絵がずれてしまいました。

また、なぜその配管をその高さに配置したのかという”根拠”を残していなかったので、

最終確認の時に自信がなく、最終チェックにも時間がかかってしまいました。

弊社のモデリングでの根拠は寸法線です。

私は作業途中に削除してしまいました。

私と同じ様に始められる方は、くれぐれもご注意ください!

次回のモデリング作業では特に気を付けます。

 

 

モデリングデータの組み立て

装置図へ配置の次は組み立てです。

装置図には平面・断面・側面と様々な視点から描いた図面がありますが、共通する基準があります。

その基準通りに配置した図面を組み立てていくと完成です。

↓の画像ではサポートと呼ばれる、配管の揺れを止める部材も作図しています。

 

配管同士がずれていたり、配管同士がめりこんでいたりすると配置の段階でのミスですので確認します。

 

 

まとめ

今回のモデリングでは時間が掛かってしまいましたが、周りの先輩方の指導もあり何とか形になってきました。

配管が立体的に見えることで整合性を確認することもでき、

船のことを知らなかった私でも3Dモデリングを行うことで

2次元の図面を見る力も同時に身に付いてきたと体感しております。

 

【必見】きんちゃんメモ

今後の教訓として3Dモデリングで重要なことを3つまとめます。

・配置していく上での”基準”

・なぜその場所に配置したのかという”根拠”

・(何度間違っても修正する!)あきらめないド根性

 

次回のきんちゃんの更新では、綺麗に完成した3Dモデリングの図面を紹介したいと思います!

 

 


有限会社小林船舶設計

 


当社ではZoom / Teamsも活用し、
時代の流れに合わせた人とのつながり、共有、変化には柔軟に取り組んでます。
設計相談、フォロー、面接等、お気軽にご相談ください。

お問い合わせURLへのリンク
https://www.kss-design.com/contact

船舶専門集合サイト フネコネ
https://funecone.com/